MUG"E"・ん…色っぽい

(タイトルはスルーの方向で)

またまた手を出してはいけないオンナに手を──もとい、手を出してはいけないゲームに手を出してしまった。

M.U.G.E.N』というゲームがそれ。詳しくは下記リンクを。

  • 無限小学校

<http://mugen-site.hp.infoseek.co.jp/>

要するに、格闘ゲームの動作する部分を抜き出したツールで、「キャラクタやステージ、音楽とかは君たちで作ってね(はぁと)」というものなのだが──

──世の中には器用な人が多いようで。「スト●のチュン●ーそっくり」とか「不知火ホニャララ」などの「どこかで見たような」キャラクタを「作った」りしている。

──まぁ、言うまでもなく「著作権的にブラック」なゲームなんだな。

《同人誌》なんかだと「うーん、これはどう見ても●●(お好きなキャラ名をどうぞ)が《楽しいこと》をしていますなー」なんてことが(夏とか冬に)起こっている。──が、まぁ、同人作家が魂込めて(中には商魂だけだったり?)《描いて》いるので見逃されているわけだ(余談だけど、本格的に著作権が騒ぎ出されたら、秋葉原とかどうなるんだろう?それはそれでSF的な話で見てみたい)。

それに比べ、MUGENは元ゲームから吸い出しているからなー、うーん。

というか、このMUGENですらオリジナルは2001年で公開停止になっている。やっぱり、そのあたりで格闘ゲームは《終わって》いるのかな……。

何はともあれ、とっても楽しい遊び道具が手に入った。──のはいいが、コントローラが無いので、Amazonさんに相談しようそうしよう。